福岡の陸マイラーがマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずに貯めたマイルでハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

アメックスビジネスゴールドの紹介キャンペーンが強い 年200万利用で最低9万ポイント以上

f:id:showchan82:20220402095621p:plain

最近はビジネス系のクレジットカードのポイント還元が積極的ですね。

金属製のクレジットカードでもあるアメリカンエキスプレスビジネスゴールドのボーナスポイントアップキャンペーンが実施中です。

2022年8月末まで入会&利用でもらえるポイントが大きくアップしています。

ビジネスカードですが、会社員でもポイ活を事業として(笑)発行できます。また、貴重なメタルカードですのでメタルが欲しい人も良いかもしれません。

アメックスビジネスゴールド紹介入会で初年度無料&最大9万ポイント還元

年会費:初年度無料(通常3万6300円)

  • 4か月に50万円利用:2万ポイント
  • 4か月に100万利用:2万ポイント
  • 1年以内に200万円利用:3万ポイント

これに通常ポイント(1%分)が付与されます。
1年以内に200万円の利用をした場合は合計9万ポイント還元ということになりますね。しかも初年度年会費は無料にできます。

還元率にすれば約4.5%ポイント還元ということになります。後述するボーナスポイントプログラムの対象店舗でのお買い物ならさらに+2%ということで約6.5%のポイント還元にできます。

法人代表者向けのものと個人事業主向けのものがあります。開業の有無は問われないので個人事業主向けで大丈夫。

買い物でクリアするならボーナスポイントプログラムもお得

対象加盟店での利用&メンバーシップリワードプラスに登録すると通常100円=1Pのポイント還元が100円あたり3P還元になります。

  • Amazon
  • JAL
  • Apple
  • Yahooショッピング
  • UerEats
  • ヨドバシカメラ
  • 一休.com

などのお買い物が対象になります。メンバーシップリワードプラスは年会費3300円が別にかかります。ただ200万決済するという前提で考えるのであれば悪くないかもしれません。

ちなみにマイルへの交換をするならどっちにしてもメンバーシップリワードプラスへの加入は必要になります。

アメックスオファー

アメックスオファーはアメリカンエキスプレスが実施しているキャンペーンです。

f:id:showchan82:20220402080514p:plain

不定期に様々なキャンペーンが展開され、結構お得なものも多いです。
ちなみに100万円ご利用で5000Pのキャンペーンは既存カード会員にも来ています。これが今回の紹介を受けて入会する新規会も使えるかは不明。使えたらさらに+5000Pなのでアツいですね。

DELL Technologies 優待特典

あまり知られていないアメックスビジネスゴールドの特典です。
4月1日~9月30日、10月1日~3月31日のそれぞれの期間中にビジネスゴールドカードでDellで買い物をすると7000円キャッシュバック。

アクセサリ類も対象なので実質的なタダ活もできちゃいます。

航空ラウンジは同伴者1名無料(国内)

アメックスのクレジットカード全般ですが、国内の航空会社ラウンジは同伴者も1名無料で使えます(他社クレカは本人のみが多い)。

海外空港のVIPラウンジが使えるプライオリティパスも無料で登録できますが、無料で使えるのは年2回までです。

ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン

全国約200店舗のレストランで所定のコース料理を2名様以上でご利用いただいた場合、1名様分のコース料金が無料になるご優待サービスをご提供します。

これ系のクレカではよくあるサービスですね。

付帯保険

アメックスは付帯保険は充実しています。旅行傷害保険、国内航空機の遅延費用保険、ショッピング保険の他、リターンプロテクション(返品保険)、キャンセルプロテクション(キャンセル保険)などは特徴的です。

その他のアメックス会員限定のキャンペーン

たとえば、「USJ貸切ナイト」でも紹介したようなUSJの貸切イベントなんかもアメックスの主催でやっています。新規だけじゃなくて既存会員も利用できます。私も無事当選して6月に遊びに行ってきます。

 

アメックスポイントの価値

アメックスのポイントは100円につき1P(通常)なのですが、このポイントの利用価値は使い道によってかなり幅があるのが現状です。

現金化

一番現金に近い使い方はカード利用料金への充当やオンラインショッピング時のポイント利用ですね。この場合は以下のようになります。

  • メンバーシップリワードプラス登録済み:0.5円~1円
  • メンバーシップリワードプラス登録なし:0.3円

※メンバーシップリワードプラスは年間3300円の会費が必要。
充当時のポイント価値は以下の通り

  • 年会費への充当:1円
  • 航空会社利用分・ホテル・旅行代理店への支払い充当:0.8円
  • 旅行以外での利用に充当:0.5円

実際にアメックスビジネスゴールドを使ってみて、これは継続する価値あるな!と思ったら、ポイントを年会費に充当するのも悪くないですね。

アメックスのポイントをマイルへ交換する

アメックスのポイントを活用するのであればこのマイルへの交換が一番お得だと考えられます。

ANAマイル

メンバーシップリワードANAコース(年間5500円)の登録が必要です。レートを考えるとメンバーシップリワードプラス(年間3300円)も登録しておくべきなので基本的に8800円の追加コストがかかります。

1000ポイント=1000ANAマイル

という高レートで交換できます。ただし年間の交換上限は4万マイルまでとなっています。ANAマイルに交換するための諸費用も考えると上限やっておきたいですね。

JALマイル

追加料金は不要ですが、メンバーシップリワードプラス登録者は2500ポイントが1000JALマイルになります。交換上限もナシ。レートは約40%と高くありません。

今回のキャンペーンでいえば4.5%還元で獲得したポイントがマイル交換レートで約1.8%にまで落ちてしまいます。低くはないですが、ウーンとなりますね。

その他海外航空会社のマイル

その他の航空会社はメンバーシップリワードプラス登録者は1250ポイント=1000マイルで約80%のレートと高めです。

  • デルタ航空「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空「フライングクラブ」
  • タイ国際航空「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」
  • シンガポール航空「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブ・クラブ」
  • スカンジナビア航空「SAS ユーロボーナス」
  • フィンランド航空「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空「フライングブルー」
  • チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」

  • カンタス航空「カンタス・フリークエントフライヤー」

上記航空会社のマイルと交換可能。

 

アメックスビジネスゴールドの入会&200万利用キャンペーンはやるべきか?決済修行のやり方

年会費はお高めなので継続するかどうかは別ですが、初年度200万を使うだけの決済修行ができる人ならお得度高いんじゃないんでしょうか。

税金は還元率低めで弱い

ちなみに多額の決済修行をする方が候補に挙げることが多い「税金」ですが、アメックスの場合は不適です。なぜなら決済でもらえるアメックスの通常ポイント(1%還元)が税金の場合は半分(0.5%還元)になってしまうからです。

チャージ系ならauPAYチャージ

ちなみにApplepay経由でチャージ可能なnanacoはポイント付与対象外。同じくApplePay経由チャージ可能なWAONもダメです。

チャージ系で決済修行を考えるのであればauPAYへのチャージがいいかもですね。

百貨店ギフトカードのキャンペーン待ち

アメリカンエキスプレスのクレジットカードで購入可能な百貨店ギフトカードのキャンペーンを待つという手もあります。

不定期にポイント〇倍というようなキャンペーンをやるのでそのタイミングを待つという手もありますね。

ボーナスポイントプログラム

Amazonがボーナスポイントプログラム対象です。+2%還元になるので、200万の決済修行の4.5%と合わせて6.5%還元にできます。

Amazonギフト券の購入も対象です。Amazonギフト券であれば、AmazonPayを通じてふるさと納税にも使えます。Amazon側でのキャンペーン(プライム会員ならクレカチャージで+0.5%)もあるのでそれも併用できますね。

参考: Amazonギフト券をお得に購入するクレカチャージ、現金チャージのお得な購入法 

この辺を利用して使うのが一番でしょうか。
どうせANAマイルに交換する前提ならメンバーシップリワードプラスも入るでしょうし。

 

入会は紹介経由になります。紹介URLはブログ等に掲載してはいけないことになっています。連絡フォームまたはtwitterやインスタからDMいただければリンクをお送りいたします。

>>連絡フォームから紹介を依頼する

>>twitter

>>instagram